ワタリガニのアスタキサンチン



ワタリガニのアスタキサンチン

アスタキサンチンはカルチノイドの一種です。

高い抗酸化力があり、アンチエイジングの救世主として注目されました。

ビタミンCとEと一緒にアスタキサンチンを摂取すると、色素沈着やシワを改善するのに有効だということです。

海に住んでいる生物の中にはエビ・カニ、鮭(イクラも)・鯛などのように赤い生物が沢山いますよね。

この生物たちの赤色が、アスタキサンチンです。

アスタキサンチンは身体の中で作れないものですが、藻などの植物はつくることができます。

そのれを食べるエビやカニは身体がアスタキサンチンによって赤くなります。

この赤くなったエビやカニを、今度はタイや鮭が食べます。

そして身が赤くなるのです。

このアスタキサンチンの抗菌力はビタミンEの1000倍とも言われ、相性のいいヒアルロン酸と一緒に使えばさらに相乗効果によってアンチエイジングに貢献してくれます。

ワタリガニから取り出してアスタキサンチン

韓国コスメにもこのアスタキサンチンが使われているコスメがあります。

「ネイチャーリパブリック アスタキサンチン・パワー・モイスチャー・フィクサー」です。

ワタリガニからアスタキサンチンを抽出して、内容成分に取り入れています。

コエンザイムQ10やビタミンC誘導体なども配合され、肌の老化を防止し、シワや弾力のアップにアプローチしてくれます。

きれいな赤色の固めのゼリーで、不思議な触感なのですが、肌に刺激があり、使用は中止しました。

私が少々甲殻類にアレルギーがあるからでしょう。

友人に譲ったところ、3日間使ったあたりでは、いいのか悪いのかよくわからないということと、潤いは明らかに足りないという感想。

クリームを塗った上から塗るらしいよということを言って、1ヶ月目でしょうか、「プルプルっとした感じになってきた」との報告。

使い続けることと、やはりクリームなどと併用するべきものなのだということがわかりました。

また白ニキビのような吹き出物ができてしまっていたそうですが、それが乾いてぽろぽろっととれたと言っていました。

酸化を抑えた結果かもしれません。

また鼻頭の角栓の黒っぽい所は改善されたそうです。

「抗酸化」という意味では、充分働いてくれるという感想です。