トラフグ



トラフグ

トラフグのコラーゲンは、油脂が少ないのだそうですね。

また親水性がよく、お肌への吸収が容易なのだということです。

またトラフグのコラーゲンが持つ特徴に、コラーゲン自体を作り出す線維芽細胞を増やしてくれるというものが見つかっている様子。

この線維芽細胞は美肌を創りだすのには、大変頑張って働いてくれるのです。

歳をとったり、紫外線にさらされることでお肌のコラーゲンは変性してしまいます。

そのくせ20代から生成能力はググっと落ちていくのですよ。

減っているのに作れない、これがお肌の老化につながっています。

減る一方になってくるということですものね。

もっと困ったことに、経口してもお肌に届いてくれるとは限らないということ。

自分が「お肌に効いてくれ!」と言う時には膝に行ってるかもしれないし、「膝に効け」と言う時には意としないお肌にようやく行ってるかも知れない。。。

ままならないものですね。

やはりお肌に効いて欲しい時には、お肌に働きかけるのがいいと思うのです。

コラーゲンの種類

牛や豚、ニワトリなどから抽出されたコラーゲンが「動物性コラーゲン」

魚から抽出されれば「海洋性コラーゲン」

近頃サプリでもコスメでも使われるコラーゲンに海洋性が増えたのは、やはり狂牛病などの問題が起こってからでしょう。

動物性は動物が病気であれば、少なからずそれを摂取した人間にも影響が出るのではという危惧があります。

その点魚から採られた「海洋性コラーゲン」には、その心配がごくごく低いということなのです。

また海洋性のコラーゲンは水溶性で、人間の体が取り込みやすいものなんですよね。

コスメなどに使われるのは、その吸収性の良さからも大きいと思います。

こに海洋性のコラーゲンにも2種類あって、皮や骨から採られたものは「マリンコラーゲン」

鱗などから採られれば「スカールコラーゲン」と呼ばれます。

脂肪分をあまり含まないので、経口で摂取しても身体への負担が少ないんですよ。

トラフグのコラーゲンは、まさにそれですよね

安全性が高く、肌への吸収も良いものなのです。

その上にコラーゲンを再生してくれるというアプローチも望めるのですから、言う事なしですわ。

日本は皮まで食べてしまうので、コスメに使うほど余らないのかしら?と思いつつ、鮭よりも高級感はあるなと思いつつです。