ボトックス



ボトックス

韓国コスメということではありませんが、蛇毒をお話しするのに、ボトックスのお話をまず。

ボトックスの効果というのはTVなどでも盛んに行われていましたので、かなり認知されています。

「しわ改善注射」として広まりましたが、用途はしわ取りにとどまらず、発汗調整やワキガの改善などにも使われています。

ボツリヌス菌毒素から抽出された成分を皮下注射して、筋肉を麻痺させます。

そのことによってシワが作られにくい状態になったり、発汗を抑えたり出来るというものです。

ボツリヌス菌が出す毒素は神経毒で、食中毒などで知られるように結構強いんですよね。

中毒になれば死に至ることも珍しくありません。

ですので、これを有効利用するためには、濃度などが適正でなければならないのです。

また美容に使うと言っても、このボトックス注射は高額でもありますし、めちゃくちゃ痛いんだそうです。

何の番組だったか忘れましたが、TKOの木下さんが頭からの発汗を抑えるボトックス注射を、高津クリニックで行う様子が映されていました。

メチャクチャ痛そう!

泣かんばかりに「痛い痛い」を連発していました。

しかし、すごいですね、まったく汗が止まりましたよ。

ボトックスが禁止された国がある

シワを作っている周りの筋肉を麻痺させることで、シワが伸びます。

即効性があることから、お医者さんによる施術が許可されている日本では、認知が広まりました。

美容のみならず発汗やワキガ治療の目的で施術を受ける人が増えましたね。

しかしスペインなどは医学的な使用すら、許可されなかったようです。

美容の進んだ国ですから、ボトックスを求める声は高かったんでしょう。

ボトックスの代替えとなる物質「アルジルリン」が開発されました。

これが「塗るボトックス」という名で認知されたんですよね。

ボトックス注射よりも緩やかで毒性がないということから、化粧品などに配合されることが多くなりました。

ただし神経伝達物質に作用していることは間違いないので、個人輸入などで原液を手に入れて自分でやって見るというのは個人的にオススメできません。

製品化されているものを利用するのが一番安全だと思いますよ。